So-net無料ブログ作成

夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】 成田 充作 [夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】]

夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】

夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】


下記より購入しカンタンな感想を送るだけで最大2500円還元されます!
夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】



初めまして、綾瀬結城と申します。              

パートナーの麗子と共に、夫婦間における愛と性に関する悩み主に、
カウンセリングを行っています。

多くのご夫婦やカップルからの相談を受け、その悩みの解決へとアドバイスする立場にあるわけですが、実はわたし自身、離婚・復縁・セ○クスレス(拒まれたことも拒んだことも)・2度目の離婚・その他男女関係、夫婦関係において、語り尽くせない程の様々な苦悩を経験してきました。 

夫婦恋愛指南書【ガラスの扉】

恥ずかしながら、そんなわたしの経験を少しお話すると・・

最初の結婚をしてから3年目、当時のわたしは目が回る程忙しく仕事に明け暮れ、妻にはいつも一人寂しい想いをさせていました。

そんなある日、深夜仕事から帰ると妻は、全ての荷物と共に部屋から消えていたのです。

荷物を纏め実家に帰った妻に、何度会いに行って話し合いをしようとしても、まったく聞く耳を持ってくれず、「もう別れたい」その一点張りでした。

「自分の何が悪かったのか教えてほしい。悪かった所は改めるから・・」

そんな事をいくら話しても、頑なな妻の態度に打つ手もなく、やむなく離婚届に判を押したのです。

わたしは妻のため、二人の将来のためにと思いがんばっていたのですが・・
(男性はよくこう考えます^^;)

「それなのに何故妻は出ていってしまったのか?」
「何故自分の想いを妻に理解してもらえなかったのか?」

悩み苦しみ、全ての目標を失ってしまった様な喪失感に包まれ、仕事はおろか食べることさえままならない、そんな精神状態に陥りました。
(熟年離婚されたお父さんの様ですね(‐ ‐; )

「自分の何が悪かったのか?・・」

答えの出ない事を繰り返し考え、悩み続けているのは本当に辛く苦しい事です。

2か月間もがき苦しんだ末にわたしは、恋愛や結婚、男女や夫婦に関する本を片っ端から読みあさり、必死に答えを探しました。

すると、それまで解らなかった妻の気持ちが、少しずつ見えてきたのです。

無料出会い系サイト

「妻はどんな想いでいたのか」
「わたしに何を求めていたのか」

わたしは更に【男女の心理】についての本をかき集め、我を忘れ読み進めていきました。

女性の心理について理解を深めたわたしは、妻の気持ちが落ち着くのを待って、何気ない用事を理由に連絡を取り、ごく普通の会話で徐々にわだかまりを取り除きながら、少しずつ距離を縮めていったのです。

そして試行錯誤の甲斐あってついに、
もう1度一緒に暮らせるまでに、妻の気持ちを取り戻すことができました。

離婚してから1年余り。

その半年後には長男を妊娠したのを機に、再婚する事になりました。

それまで必死の想いで得た知識から、妻の気持ちをまず考えてその想いに出来るだけ応えるよう努力し、家事や育児にも積極的に参加するよう心掛けたのです。

「これで幸せな夫婦生活、温かな家庭を築いていける」
そんな穏やかで、順風満帆な人生を思い描いていました。

所が・・

その先には次の試練が待っていたのです。

それは、セ○クスレス。

妻が初めての育児でのストレスや疲れから、わたしとの営みを拒むようになったのです。

そのときのわたしは、それまで得ていた知識から、それはよくある事だと解っていましたので、「まぁ今は仕方がない・・」と、まずは妻の心と体の負担を軽くしようと、更に心掛けました。

しかし、1ヶ月2ヶ月・・半年を過ぎても、妻はいっこうに夫婦間のコミュニケーションが取れる様な状態にはなりませんでした。

「わたしの想いや努力が伝わらないのか?それとも自分に男としての魅力を感じなくなってしまったのか?」

わたしは寂しい想いを必死に抑えてきましたが、とうとうある夜その想いが溢れ出し、寝ている妻の後ろから抱きしめ誘ってみました。

しかし妻の口から出た言葉は、
「嫌なものはイヤなの!したければどこででも行ってしてきて!!」

その言葉に、わたしの中で何かが切れてしまった・・そんな気がしました。

「妻にとって自分はいったい何なのだろう?」
「子供の父親?同居人?都合の良い男?給料付きのお手伝いさん?・・」

情報商材レビュー

しだいに妻に対しての気持ちが、わたしの中で冷めていくのが分りました。

何日か後に、妻もさすがに言い過ぎたと思ったのか、営みへの誘いがありましたが、
「義理でされても・・・」と、とてもそんな気にはなれません。

わたしにとって、無かった事に出来る様な言葉では御座いませんでした。

それから徐々に、夫婦としての会話もできなくなっていきました。


女性の方の相談を受けていて、「彼はわたしの体しか求めない・・」そんな風によく聞くことがあります。

当時の妻も、そんなことを思ったのかもしれません。

しかし本当は男だって、真剣に愛を求めているのです。

女性が身体を許す為にはまず、相手の愛を必要とするように、男性は女性を愛する為に、体の触れ合い・営みを必要とします。

愛する女性を悦ばせ、満足させることができれば、男性はその達成感と自分の愛が認められたという想いで満たされ、幸せを感じることができます。





■美女洗脳メール術■3つのステップであなたの欲望の奴隷を作る洗脳術

暗黒の極悪非道11ステップ完全お持ち帰りテンプレート

有末やよい&高野ナナの【恋愛マジック】

女の本能心理を完全に理解し、女にあなたしかいないと思わせ、運命の彼女を作る方法

絶望的な別れから復縁する唯一の方法

ヤフーパートナーで女をゲットする方法

共通テーマ:恋愛・結婚
被リンク オールドドメイン 購入 被リンク広告 無料 被リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。